趣味のオーディオ実験室

〔§PA〕
PA用のオーディオ
メニューページ(開始)
〔SRスピーカー〕
CSP6
(CLASSIC PRO)
〔SRスピーカー〕
CSP10
(CLASSIC PRO)
〔SRスピーカー〕
CSP10
音質改良計画1
〔SRスピーカー〕
CSP10
音質改良計画2
〔SRスピーカー〕
CSP15
(CLASSIC PRO)
〔PA用アンプ〕
EPQ2000
(BEHRINGER)
〔プロセッサー〕
DEQ2496
(BEHRINGER)
〔プロセッサー〕
DSP8024
(BEHRINGER)
〔エンハンサー〕
SX3040
(BEHRINGER)
〔ミキサー〕
XENYX 1002FX
(BEHRINGER)
〔ミキサー〕
XENYX 1002B
(BEHRINGER)
〔マイク〕
CM5S
(CLASSIC PRO)
〔測定用マイク〕
EMM-6,ECM8000
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§PA〕
PA用のオーディオ
メニューページ(開始)
〔SRスピーカー〕
CSP6
(CLASSIC PRO)
〔SRスピーカー〕
CSP10
(CLASSIC PRO)
〔SRスピーカー〕
CSP10
音質改良計画1
〔SRスピーカー〕
CSP10
音質改良計画2
〔SRスピーカー〕
CSP15
(CLASSIC PRO)
〔PA用アンプ〕
EPQ2000
(BEHRINGER)
〔プロセッサー〕
DEQ2496
(BEHRINGER)
〔プロセッサー〕
DSP8024
(BEHRINGER)
〔エンハンサー〕
SX3040
(BEHRINGER)
〔ミキサー〕
XENYX 1002FX
(BEHRINGER)
〔ミキサー〕
XENYX 1002B
(BEHRINGER)
〔マイク〕
CM5S
(CLASSIC PRO)
〔測定用マイク〕
EMM-6,ECM8000
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
PA用のオーディオ 作成日:2016/03/30、最終改訂日:2016/03/16

§PA-72:測定用コンデンサマイク EMM-6、ECM8000

周波数特性を測定するための、コンデンサーマイク。

ベリンガーの ECM8000 を使っていたのですが、経年劣化もあって、EMM-6を追加購入しました。

使用目的は、DEQ2496の「AUTO EQ」。
マイクが2本あって、似たような特性が出ていれば、どっちを使っても大丈夫だろう・・・・ということになるのですが、果たしてどうでしょうか?

■ EMM-6 (Dayton Audio)

ECM8000と同じように、DEQ2496に繋げて使えるかどうか?
・・・・ってことであれば、問題なく使えるみたいです。
スペックをみると、出力インピーダンスが違ってる(200Ωと600Ω)ようです。


【Amazon】Dayton Audio EMM-6 コンデンサー・マイク 077456

輸入品なので保証がなさそうだけど。。。。まぁいいか!

・マイクユニット : 6mm径エレクトレット・コンデンサー
・指向特性 : 無指向性
・周波数特性 : 18Hz~20kHz
・インピーダンス : 200Ω
・感度 : 10mV/Pa (-40dBV、0dB=1V/Pa)
・最高音圧レベル(耐入力) : 127dB(1%THD@1kHz)
・S/N比 : 70dB(A-Weighted)
・ファントム電源 : 15V~48V
・接続端子: XLR(金メッキ)
・寸法 : 2.2cm(最大径)x19cm(全長)
・本体重量 : 約150g


大きい箱。




このマイクの「キャリブレーション・データ」の紙が入ってます。

■ ECM8000(ベリンガー)

こちらは、以前から使っていた ECM8000。
税込み3980円の時に購入しました。 最近、ずいぶんと値上がりしているようです。



【Amazon】BEHRINGER ベリンガー MEASUREMENT MICROPHONE ECM8000 コンデンサーマイク

・コンデンサーマイク
・測定用
・指向性:無指向
・周波数特性:15Hz-20kHz
・出力インピーダンス:600Ω
・感度:-60dB
・コネクタ:XLR3ピン(オス)
・電源:ファンタム電源15~48V
・サイズ:長さ193mm
・重量:120g
・付属品:ウインドスクリーン、マイクホルダー(変換ネジ付3/8、5/8)、キャリングケース



■ 両方を比較してみましょう

EMM-6 と ECM8000 を比べてみましょう。
 


外観は、ほとんど同じ
大きさも同じ。 微妙にちがうところがある程度。


マイクホルダーも、形が似ている。



DEQ2496でホワイトノイズを出して、スピーカー(Clsssic pro CSP-6)の音を拾ってみる。



周波数特性は、ほぼ、同じ。
音の大きさは、ECM8000の方が、少し大きい程度。
1.25KHz~2KHzあたりが微妙に違うが、マイクの置き位置の違いで、音の反射の違いがあるのかも。



スピーカーの直前にマイクを置いてみる。
拾った音は、ほとんど同じ。

・・・・ということで、購入してから年月が立っている ECM8000 も「正常に使える」であろうことを確認。


《  単  》


 ス


前のページ§PA-71:〔マイク〕CM5S (CLASSIC PRO)
このページ§PA-72:〔測定用マイク〕EMM-6,ECM8000
次のページ§PA == ( メニューページに戻る )
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->