趣味のオーディオ実験室

〔§PA〕
PA用のオーディオ
メニューページ(開始)
〔SRスピーカー〕
CSP6
(CLASSIC PRO)
〔SRスピーカー〕
CSP10
(CLASSIC PRO)
〔SRスピーカー〕
CSP10
音質改良計画1
〔SRスピーカー〕
CSP10
音質改良計画2
〔SRスピーカー〕
CSP15
(CLASSIC PRO)
〔PA用アンプ〕
EPQ2000
(BEHRINGER)
〔プロセッサー〕
DEQ2496
(BEHRINGER)
〔プロセッサー〕
DSP8024
(BEHRINGER)
〔エンハンサー〕
SX3040
(BEHRINGER)
〔ミキサー〕
XENYX 1002FX
(BEHRINGER)
〔ミキサー〕
XENYX 1002B
(BEHRINGER)
〔マイク〕
CM5S
(CLASSIC PRO)
〔測定用マイク〕
EMM-6,ECM8000
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§PA〕
PA用のオーディオ
メニューページ(開始)
〔SRスピーカー〕
CSP6
(CLASSIC PRO)
〔SRスピーカー〕
CSP10
(CLASSIC PRO)
〔SRスピーカー〕
CSP10
音質改良計画1
〔SRスピーカー〕
CSP10
音質改良計画2
〔SRスピーカー〕
CSP15
(CLASSIC PRO)
〔PA用アンプ〕
EPQ2000
(BEHRINGER)
〔プロセッサー〕
DEQ2496
(BEHRINGER)
〔プロセッサー〕
DSP8024
(BEHRINGER)
〔エンハンサー〕
SX3040
(BEHRINGER)
〔ミキサー〕
XENYX 1002FX
(BEHRINGER)
〔ミキサー〕
XENYX 1002B
(BEHRINGER)
〔マイク〕
CM5S
(CLASSIC PRO)
〔測定用マイク〕
EMM-6,ECM8000
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
PA用のオーディオ 作成日:2012/03/29、最終改訂日:2012/03/29

§PA-21:CSP6 (classic pro)

クラッシックプロ(CLASSIC PRO)の6インチスピーカー CSP6



■タイプ:2WAYフルレンジ
■周波数特性:(-3dB) 65Hz〜18kHz (-10dB)60Hz〜20kHz
■許容入力(プログラム):160W
■インピーダンス:8Ω
■感度:91dB
■ウーハーユニット:16.5cmウーハー
■ドライバー:2.5cmドライバー
■コネクター:スピコンx1
■サイズ:23W×33H×21Dcm
■重量:5.6kg




重さはペットボトル3本分より、少し軽いくらい。

形が丸っこいので、このままでは、持ちにくい。
そこで、てっぺんのネジを活用して、「持ち手」を付けると、すごく便利。
この「持ち手」があるのと、無いのとでは、大違い。



肝心の音は・・・というと、

パソコンに接続するスピーカー(動画などの鑑賞)には、イマイチかな。
そんなに悪い音ではないけど、若干「透明感に欠ける」感じ。
小さい音で音楽を聴こうとすると、なんだか、「どんより」した感じの音。

ポリプロピレン(箱)特有の響きみたいなのかもしれない。
内装(ドア)にポリプロピレンを使った、クルマのスピーカーの音みたいな部分がある。

使用時間が、50時間程度なので、エージング不足なのかもしれない。
使い込めば、いい音になる???(未知数)


ところが・・・・・

ところが、ボリュームを上げていくと、状況が一転。
ある程度の音量で鳴らした時には、CSP6の本領を発揮する。

「ある程度の大きなパワー」を突っ込んでやると、すごく「元気な音」になります。
こんな小さなスピーカーで、よくこれだけの音が出るな。。。って感じで、良いです。

音の質は、さすがにCSP15には負けるけど、CSP10よりも、良いかもしれない。
少なくとも、音が割れずに、(6インチとしては)想像以上に、大きな音が出る。



プログラムで160Wなので、小規模なPA用として使う時とか、PA用の予備スピーカーとして持っておく時には、良いスピーカーだと思います。(値段も安いし)

でも、家庭用(パソコンに接続するとき)や、AVアンプにつなげてテレビを見るときなどでは、かなり微妙な気がします。
家庭用では、これを買わなくても、ほかの選択肢があるような気がする。


《  CSP6は、ラジカセの代わりになるか?  》


 当サイトの管理人は、それなりの大きな音が出る「CDラジカセ」というものを持ってない。

 「CDラジカセ」「ミニコンポ」買うくらいなら、小型スピーカー買うわ・・・ということで、買って見たのがこれ。

 小型のアンプ+CSP6で、「CDラジカセ」の代わりになるかな?とか想像してたけど、ラジカセの音と、CPS6の音では、全然違う音・・・。

ラジカセはラジカセで、「良い音に聞こえるように工夫している」し、ラジカセは、ハイパワーのラジカセは、実際のパワー以上の「迫力」を感じる。

ラジカセのスピーカーと、CSP6では、根本的に「比べる土俵が違う」のかもしれない。



前のページ§PA == ( メニューページに戻る )
このページ§PA-21:〔SRスピーカー〕CSP6 (CLASSIC PRO)
次のページ§PA-22:〔SRスピーカー〕CSP10 (CLASSIC PRO)
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->