趣味のオーディオ実験室

〔§P〕
メニューページ(開始)
ST3000DM001-9YN166
 (SEAGATE)
ST3000DM001-1CH166
 (SEAGATE)
ST3000DM001-1ER166
 (SEAGATE)
ST3000DM001-1ER166
新ラベル(SEAGATE)
ST3000DM008-2DM166
 (SEAGATE)
ST2000DM001-1CH164
 (SEAGATE)
ST1000DM001-1CH162
 (SEAGATE)
WD30EZRX-00DC0B0
 (Western Digital)
WD20EZRX-00DC0B0
 (Western Digital)
MD04ACA300
 (Toshiba)
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§P〕
メニューページ(開始)
ST3000DM001-9YN166
 (SEAGATE)
ST3000DM001-1CH166
 (SEAGATE)
ST3000DM001-1ER166
 (SEAGATE)
ST3000DM001-1ER166
新ラベル(SEAGATE)
ST3000DM008-2DM166
 (SEAGATE)
ST2000DM001-1CH164
 (SEAGATE)
ST1000DM001-1CH162
 (SEAGATE)
WD30EZRX-00DC0B0
 (Western Digital)
WD20EZRX-00DC0B0
 (Western Digital)
MD04ACA300
 (Toshiba)
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
3.5インチ SATA ハードディスク 作成日:2013/02/06、最終改訂日:2013/02/06

§P-15:WD30EZRX-00DC0B0

WD30EZRX-00DC0B0 です



まずは、そのうちの1台を、HD TUNE で確認!
念のため似たようなものを2つ掲載しておきます。

1つめは、2012年11月のもの。 もう1つは 2013年02月のもの。
パソコンの環境は少し変わってますけど、グラフはほとんど同じになっています。


↑2012年11月のグラフ


↑2013年02月のグラフ。
転送毒度は、ピークでも 140MB/秒くらい。
7200回転の ST3000DM001 と比べると、さすがに差が出てきます。



では、プラッタの数のチェックのために、先頭部分を拡大して見ます。

とても、興味深いこと・・・・・というより、「おぃおぃ、なんでこうなるの???」というような、結果になります。 ディスクキャッシュのイタズラでしょうか?



「8GB」での1回目。 プラッタ3枚、ヘッド6つであろう、定期的なパターンが見えてきます。

で、念のため、全く、もう一回、同じ測定をします。 そのまま「スタート」ボタンをクリック!


こちらは、「8GB」での2度目の測定。
なんか、派手にグラフが崩れてます。
原型は同じなのでしょうけど、頻繁に速度が落ちてます。
3度目、4度目と繰り返しても、グラフが崩れる(頻繁に速度が落ちる)現象は同じ。

おそらく、「ディスクキャッシュ」が絡んでいるのだろうということで、いったん、全域のチェックをやってから、もういちど「8GB」の測定をやると、上のようなきれいなグラフになります。

・・・というわけで、いったん全域チェック(途中で止めても良い)をやってから、こんどは「4GB」のチェック


「4GB」のチェック 1回目。 おぉ美しいグラフだ!


そのまま、2度目の「4GB」のチェック! 「スタート」ボタンをクリック!
グラフが乱れてます。(頻繁に速度低下が発生!)


・・・さきほどと同じように、いったん全域チェック(途中で止めても良い)をやってから、こんどは「2GB」のチェック。


「2GB」の1回目。 美しいグラフですね。 転送速度から考えて、間違いなく「ヘッド6つ」でしょう。

回転数は同じでしょうから、【2】のヘッド(ディスク面)は、ディスク密度が高いので、ディスク1回転でたくさんの情報が得られるのに対して、【6】のヘッド(ディスク面)はディスク密度が低いのでディスク1回転での情報が少ない(結果的に転送速度が遅くなる)だろうという気がします。


「2GB」の2回目。 そのまま「スタート」をクリック。
派手なグラフになってます。


・・・またまた、さきほどと同じように、いったん全域チェック(途中で止めても良い)をやってから、こんどは「1GB」のチェック。


「1GB」の1回目

グラフの微妙な「波」がなんなのか、わからないけど、まぁいいか!


「1GB」の2回目。 おぉ、豪快豪快! グラフが、派手に落ち込んでますね。
ディスクキャッシュが絡むと、速度が落ちる??

HDDのファームウェアに関連あるのかもしれないけど、Western Digital は、ファームの更新なんて、やったことないし、そもそも、このHDDのファームウェアは公開されてなかったはずだし・・・・。

どうせ、メインで使う訳じゃないので、まぁいいか! の世界。


−*−*−*−*−

最後に、Crystal Disk Mark で、速度を測っておきましょう。



ディスクの先頭部分で、測定しています。 だいたい、こんな感じです。


こちらは、50MBと100MBでの測定結果です。

50MBの時は、64GBのキャッシュを持っているため、データがキャッシュの範囲内に入るはず。
従って、ハードディスクらしくない数値になってます。

いくら、キャッシュに入っているとはいえ、Readが、294.9MB/秒というのは、すごい。


《  「原因がわかるまで・・・」  》


 HD TUNE の「short stroke」で、グラフが乱高下する現象。

これの原因(パターン)を見つけるまで、ほんとうに「謎」だった。

「全域」→「8GB」→「4GB」→「2GB」の順に測定すると、8GBはきれいなグラフになり、4GBが乱高下。

いったん、パソコンの電源を切って、再起動後に「4GB」を測定すると、4GBもきれいなグラフになる。
ならば! ということで、もう一度、パソコンの電源を切って、再起動後に「2GB]を測定すると。。。やっぱりきれいなグラフになる。

なんだ、これは!!! いったい、なにがどうなってるんだ!!!!

前のページ§P-14:ST1000DM001-1CH162(SEAGATE)
このページ§P-15:WD30EZRX-00DC0B0(Western Digital)
次のページ§P-16:WD20EZRX-00DC0B0(Western Digital)
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->