趣味のオーディオ実験室

〔§P〕
メニューページ(開始)
ST3000DM001-9YN166
 (SEAGATE)
ST3000DM001-1CH166
 (SEAGATE)
ST3000DM001-1ER166
 (SEAGATE)
ST3000DM001-1ER166
新ラベル(SEAGATE)
ST3000DM008-2DM166
 (SEAGATE)
ST2000DM001-1CH164
 (SEAGATE)
ST1000DM001-1CH162
 (SEAGATE)
WD30EZRX-00DC0B0
 (Western Digital)
WD20EZRX-00DC0B0
 (Western Digital)
MD04ACA300
 (Toshiba)
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§P〕
メニューページ(開始)
ST3000DM001-9YN166
 (SEAGATE)
ST3000DM001-1CH166
 (SEAGATE)
ST3000DM001-1ER166
 (SEAGATE)
ST3000DM001-1ER166
新ラベル(SEAGATE)
ST3000DM008-2DM166
 (SEAGATE)
ST2000DM001-1CH164
 (SEAGATE)
ST1000DM001-1CH162
 (SEAGATE)
WD30EZRX-00DC0B0
 (Western Digital)
WD20EZRX-00DC0B0
 (Western Digital)
MD04ACA300
 (Toshiba)
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
3.5インチ SATA ハードディスク 作成日:2014/09/08、最終改訂日:2014/09/08

§P-14:ST1000DM003-1CH162

Seagete の 1TBのハードディスクです。

ST3000DM001 と ST2000DM001 を購入しているので、ついでにこれも!!
というわけでもないのですが。。。。

旧タイプの1TBのハードディスクを中古で売って、新しい3TBのを買おうとしたところ、1TBのハードディスクに「セクターエラー」発生。
保険に入ってたので、3年前の古いHDDが、同容量(1TB)の新品の ST1000DM003 に化けました。

さすがに、新品の ST1000DM003を、中古で売るのももったいないので、そのまま使うことにしました。


1TBのプラッタが1枚のタイプなので、軽くて薄い。


2TBの ST2000DM001 と並べると、こんな感じです。



「底」から「ネジ」までの高さは、3つとも同じなのですが、真ん中の ST1000DM003だけは、「ネジ」から「「天辺」まえの高さが低いことがわかるかと思います。




とりあえず、HD SCAN で速度チェック!
ピークで、200MB/秒を超えています。



比較対象として、これが昔使っていたハードディスク(セクターエラーが出て交換になったもの)
ピークで 120MB/秒なので、かなりの違いがあります。



−*−*−*−*−

最後に、Crystal Disk Mark で、速度を測っておきましょう。



ディスクの先頭部分で、測定しています。 だいたい、こんな感じです。


こちらは、50MBと100MBでの測定結果です。

50MBの時は、64GBのキャッシュを持っているため、データがキャッシュの範囲内に入るはず。
従って、ハードディスクらしくない数値になってます。


《  1TBのハードディスクの使い道  》


 この1TBのハードディスク、あまり使い道が無いので、Windows のシステムドライブに使っているSSDのバックアップ(クローン)として使っています。

SSDは、256GBなので、大量に容量が余りますが、クローンコピーした後で、余った場所に、圧縮バックアップしておけば、それなりに使えます。



前のページ§P-13:ST2000DM001-1CH164(SEAGATE)
このページ§P-14:ST1000DM001-1CH162(SEAGATE)
次のページ§P-15:WD30EZRX-00DC0B0(Western Digital)
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->