趣味のオーディオ実験室

〔§三脚〕
三脚・一脚
 ・雲台・延長棒など
メニューページ(開始)
コンパクト三脚
MINI PRO DQ
(SLIK)
Fシリーズ三脚
F631,F740,F831
(SLIK)
旅行用(?)小型三脚
スプリント40/47
(SLIK)
高さを稼ぐ棒
~Sポールデジタル
/STAND POD
(SLIK)
一脚
ライティポッド
200/224SC
(SLIK)
Amazonベーシック
三脚170cm
(Amazon)
3WAY雲台
SH-705E,EBLE300EX,
PRO700DX
(SLIK)
小型の自由雲台
SBH-100,SBH-90
(SLIK)
グリップ式雲台
AF1100 (SLIK)
クイックシュー
DQ-21,DQ-11
(SLIK)
Amazonベーシック
ビデオ雲台
(Amazon)
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§三脚〕
三脚・一脚
 ・雲台・延長棒など
メニューページ(開始)
コンパクト三脚
MINI PRO DQ
(SLIK)
Fシリーズ三脚
F631,F740,F831
(SLIK)
旅行用(?)小型三脚
スプリント40/47
(SLIK)
高さを稼ぐ棒
~Sポールデジタル
/STAND POD
(SLIK)
一脚
ライティポッド
200/224SC
(SLIK)
Amazonベーシック
三脚170cm
(Amazon)
3WAY雲台
SH-705E,EBLE300EX,
PRO700DX
(SLIK)
小型の自由雲台
SBH-100,SBH-90
(SLIK)
グリップ式雲台
AF1100 (SLIK)
クイックシュー
DQ-21,DQ-11
(SLIK)
Amazonベーシック
ビデオ雲台
(Amazon)
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
三脚・一脚・雲台・延長棒など 作成日:2014/08/25、最終改訂日:2015/06/18

§三脚-22:小型の自由雲台 SBH-90, SBH-100(SLIK)

自由雲台、英語で言うと「Ball head」になるのかな?

別に「小さい自由雲台を集めている」わけではないのですが、いつのまにか、小さい自由雲台が、溜まってきました。


左の2つが、SBH-100(黒とガンメタ)。右の2つが、SBH-90N(黒)

大きな違いは、雲台が(縦方向に)2つに分かれているか、一体化しているか。

SBH-100は「雲台本体が、2つに分かれている」、軽い、小さい
SBH-90は「雲台本体が一体化している」、重い、大きい

しかしながら、最大搭載重量は、軽くて小さい SBH-100 の方が上。

SLIK SBH-100 BK N
最大搭載重量:2kg、高さ62mm、重量:100g
三脚取り付けネジサイズ:U1/4インチ

SLIK SBH-90
最大搭載重量:1kg、高さ68mm、重量:141g
三脚取り付けネジサイズ:U1/4インチ

実際、SBN-100は、ネジを軽く締めただけで、雲台をかなり頑丈に固定できるが、
SBH-90は、ネジを、カチンカチンに締めても、完全に固定することができない。
「値段以上の違い」というものが、存在する。


■ SLIK SBH-100


写真【左】が、ふつうの(?)SBH-100

写真【中】が に、小型のクイックシューをつけた「SBH-100 DQ N」。
「DQN」とか「DQ」とか、誰が名付けたのか知らないけれど、微妙なネーミングであります。

SLIK SBH-100 DQ N
 ・最大搭載重量:1.5kg、高さ68mm、重量:130g
 ・三脚取り付けネジサイズ:U1/4インチ

写真【右】は、SBH-100 に、クイックシュー「DQ-21」を着けた状態です。
クイックシューが大きいので、これが、一番使いやすいかも。


上から見ると、こんな感じになります。


SBH-100 には、色違いがあります。
旅行用三脚、スプリント40/47シリーズのカラーで、赤(朱)、白、青があります。


■ SLIK SBH-90N

雲台の筐体が一体型になっている SBH-90。

いったい、どんな構造になっているんだろう?? 興味津々!

4つあるうちの1つが、「ネジを締めても、固定できない状況」になってしまったので、分解してみました。


まずは、6角レンチで、右横の「小さなネジ」を外します。
6角レンチは「インチ仕様」です。
(ミリ仕様には、該当のサイズは存在しない)



小さいネジを外すと、底が抜けます。
真鍮(しんちゅう)の小さな部品が、重要な役割を果たしているのが、わかります。


真鍮(しんちゅう)の部品は、ここに付いています。
真鍮の部品の「向かって右」の角が、筐体の溝にはまってます。


「雲台を確実に固定する」ために、ネジを強く締めると、真鍮の部品が潰れます。
真鍮の部品に「ネジ跡」がつきます。

一旦、真鍮の部品の一部が潰れてしまうと、再起不能。
いくら、ネジを強く締めても、雲台が固定されなくなってしまいます。

この雲台、なにがあっても「ネジを強く締めてはいけない!」ってことなのかな。


原理的には、こんな感じ、
ネジを締めていけば、真鍮の部品が持ち上がっていく。


真鍮の部品が持ち上がれば、底【A】が持ち上がる。
【A】が持ち上がれば、ボール【C】が押し上げられる。
【C】が押し上げられると、【B】との隙間が無くなり、【C】が固定される。

という具合です。

ちなみに、【C】と【D】は、製造過程で、透明な接着剤で固定され、その上から黒の塗装処理を行っているようです。
キズを付けずに、【C】と【D】を外すのは、かなり難しいです。

傷を付けずに外すことが出来れば、クイックシューを付けたり出来るのですが。。


《  「ネジの締め過ぎ」も、一つの経験!? 》

 SBH-90N のような自由雲台は、「悩ましい」ものがあります。

 カメラなどが動かないように、出来るだけ、しっかり固定したい。
 しっかり固定するためには、ネジを固く締めたくなる。

 でも、ネジを固く締めても、固定されない。
 うまく固定できないので、さらに、ネジを固く締めたくなる。

 そして、再起不能。
 せっかく、買ったのに!! もったいない!

 (それなりに)安価なジャンクの雲台で、そういうのを経験しておくのは、「授業料」というか「勉強代」なのかもしれない。


 自由雲台は、両脇(横)から挟み込むタイプの方が、いいのかな?


前のページ§三脚-21:3WAY雲台 SH-705E,EBLE300EX,PRO700DX (SLIK)
このページ§三脚-22:小型の自由雲台 SBH-100,SBH-90 (SLIK)
次のページ§三脚-23:グリップ式雲台 AF1100 (SLIK)
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->