趣味のオーディオ実験室

〔§ま〕
無線接続のマウスと
 キーボード
メニューページ(開始)
Unifying規格の
 無線マウス
Bluetooth規格の
 無線マウス
Bluetooth・
 Unifting規格の
 無線キーボード
エレコムの無線マウス
  M-XG3DL
ケース付き 薄型
Bluetoothキーボード
 KKmoon
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§ま〕
無線接続のマウスと
 キーボード
メニューページ(開始)
Unifying規格の
 無線マウス
Bluetooth規格の
 無線マウス
Bluetooth・
 Unifting規格の
 無線キーボード
エレコムの無線マウス
  M-XG3DL
ケース付き 薄型
Bluetoothキーボード
 KKmoon
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
無線接続のマウスとキーボード 作成日:2016/04/12、最終改訂日:2016/05/07

§ま-33:Bluetooth/Unifying キーボード

パソコンとキーボードの間に「電線」のない、無線タイプのキーボードです。

汎用性のある Bluetooth 規格のキーボードと、メーカーごと(あるいは機種ごと)の汎用性のない2.4GHz帯のドングルを使った無線キーボード、両方があります。


■ Bluetoothキーボード Logicool K480

ロジクールの Bluetooth キーボード K480です。

Bluetooth のキーボードは、iOS や Android を前提に作られているものが多いので、Windowsで使う時には、購入の際にはキーの配置に注意する必要があります。



キーピッチは、Windowsのデスクトップの標準的なキーボードと同じ19mmだったはず(要確認)
また、キー配置は、比較的 Windows の日本語キーボードに似ています。

特に、ESCキーや、Fキー(ファンクションキー)の使い勝手は、重要です。


タブレット立てて使うことができます。


左上のダイヤルで、3台のタブレットを切り替えて使うことができます。(これは便利)


Windows では、ソフトを組み込まなくても、キーボードを使うことが出来ます。
でも、標準では、Fキー(ファンクションキー)は、「Fnキー」を押しながら、F1~F12キーを押す必要があります。

パソコン(タブレット)ごとに、「Logicool Options」というソフトを組み込んで、
  「標準のファンクションキーとして、F1~F12を使用」
というところに、チェックを入れておくと、最上段をファンクションキーとして使えるようになります。


裏側はこんな感じ。
単4型電池が2本。


重さを量ってみたら、819グラムでした。
「軽量化」するのとは反対に、「おもり」が入っているようで、普通のキーボードよりも重量感があります。


■ Logicool mk270

ロジクールの、unifying タイプのキーボードとマウスのセットです。



【Amazon】LOGICOOL ワイヤレスコンボ mk270
【Amazon】LOGICOOL ワイヤレスキーボード Unifying対応レシーバー採用 K270

マウスとキーボードのセット
こちらは、Unifying規格のレシーバー(USBドングル)がついてきます。

キーボード K270 と マウス M185 、Unifyingのレシーバーのセットです。。

他社のキーボード&マウスのセットと比べれば、値段が高いのですが、Amazon のタイムセールで、安く売ってるを見つけたら、チャンス!かも。



これが unifying のレシーバー。
USBのドングルです。
写真は4つ並んでますが、1つ、ついてきます。

《  無線のキーボードは便利?  》




前のページ§ま-32:Bluetooth 無線マウス
このページ§ま-33:Bluetooth/Unifying キーボード
次のページ§ま-34:エレコムの無線マウス・M-XG3DL
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->