趣味のオーディオ実験室

〔§ま〕
無線接続のマウスと
 キーボード
メニューページ(開始)
Unifying規格の
 無線マウス
Bluetooth規格の
 無線マウス
Bluetooth・
 Unifting規格の
 無線キーボード
エレコムの無線マウス
  M-XG3DL
ケース付き 薄型
Bluetoothキーボード
 KKmoon
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§ま〕
無線接続のマウスと
 キーボード
メニューページ(開始)
Unifying規格の
 無線マウス
Bluetooth規格の
 無線マウス
Bluetooth・
 Unifting規格の
 無線キーボード
エレコムの無線マウス
  M-XG3DL
ケース付き 薄型
Bluetoothキーボード
 KKmoon
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
無線接続のマウスとキーボード 作成日:2016/04/12、最終改訂日:2016/04/12

§ま-34:エレコムの無線マウス M-XG3DL

エレコムの無線(2.4MHz帯)マウスです。

次世代アルティメットレーザー(Ultimate Laser Sensor)搭載というのが気になって、買って見ました。


サイズが大きくて、背が高い。


なんか、すごい性能・・・・というか、
「無敵の読み取り性能」のように思えるけど
実際に使ってみると、そうでもない。

読み取れない(マウスを動かしても、マウスカーソルが追従しない)ことが、多々あって、結局、マウスパッドを使うことになった。
「マウスパッドを使えば、完璧なトラッキングが実現される」という意味では、最高級かもしれない。

ロジクールの、「レーザーグレード・トラッキング」のLEDマウスと、大差ないような気がする。








ボタンが多いのは「良いこと」だけど、反面、youbute などの動画を見ているときに、「Forward」とか「Back」とかのボタンに触れてしまうリスクもある。
微妙といえば微妙なのかもしれない。


USBのドングルは、収納可能です。




キーボードの「任意のキー」を割り当てることも出来るので、画像編集ソフトなどでは、(使い方によっては)便利かもしれない。


試しに、マウスのジェスチャー機能を使って、Paint Graphic2 の「アクセラレータキー」を割り当ててみました。
でも、これ、ほんとうに使いやすいか? というと、かなり微妙。

「シンプルなマウスの方が良い」という人と、「ボタンの多いマウスが良い」という人で、意見が分かれるところかもしれない。


《  A4  》


 この




前のページ§ま-33:Bluetooth/Unifying キーボード
このページ§ま-34:エレコムの無線マウス・M-XG3DL
次のページ§ま-35:ケース付き 薄型Bluetoothキーボード(KKmoon)
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->