趣味のオーディオ実験室

〔§CDP〕
CD/DVDプレーヤー
・MP3プレーヤー
メニューページ(開始)
〔CD〕
CD-VT2
(TEAC)
〔CD/DVD〕
ポータブル
DVDプレーヤ
〔CD〕
PD-T04S
(PIONEER)
〔MP3〕
E100/E30 (iriver)
~SRS WOW HDを使う
〔MP3〕
MP860
(Transend)
~内蔵スピーカーの音質は?
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§CDP〕
CD/DVDプレーヤー
・MP3プレーヤー
メニューページ(開始)
〔CD〕
CD-VT2
(TEAC)
〔CD/DVD〕
ポータブル
DVDプレーヤ
〔CD〕
PD-T04S
(PIONEER)
〔MP3〕
E100/E30 (iriver)
~SRS WOW HDを使う
〔MP3〕
MP860
(Transend)
~内蔵スピーカーの音質は?
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
CD/DVDプレーヤー・MP3プレーヤー 作成日:2012/10/04、最終改訂日:2012/10/04

§CDP-14:E40・E100

MP3プレーヤー(デジタル・オーディオプレーヤー)のなかには、SRS Labs の「SRS WOW HD」を搭載したプレーヤーが存在します。

スピーカーやヘッドフォンの音場補正というか、サウンドの立体感を作り出すというか、そんな感じの補正機能でしょうか?

公式サイトによると、
臨場感のある3Dオーディオ
重低音の増強:
高周波帯域の明瞭感
・音場の高さ補正

の4つの効果が、書いてあります。

単なる、音の大きさを変えるイコライザーではなく、倍音の処理など、複雑な処理をしているものと思われます。 詳しくは、公式サイトにて・・・

SRS Labs > SRSソリューション > ホームエンターテーメント > WOW HD

SRS Labs > SRSソリューション > 携帯機器 > WOW HD


では、この「SRS WOW HDを使った音」と、「何もしない、純粋な音(ピュアオーディオ)」では、どちらが聞きやすい音になるのか?

「実際に、両方を比べてみて、自分が、良いと思った方を選べばいい!」
というのが正解だろうと思います。

ヘッドフォンでも、家庭用のオーディオスピーカーでも、PAスピーカーでも、あるいは公共施設や体育館などでの比較的大きなフロアーなどにおいても、どちらが良いかは、「比べてみないと、どちらが良いかわからない」と思います。



手持ちのMP3プレーヤーは、「SRS WOW HD」を搭載しているものを選んで買っています。(sandisk e100だけは、SWS WOW搭載)

使いたければ使えばいいし、必要なければ使わなければいいのですから。



アイリバー(iriver)のE30および、E100の WRS WOW は、5種類の項目の設定が出来るようになっています。

・SRS : サウンドの立体感
・TruBass : 低音強調の値
・Focus : サウンドの鮮明度
・WOW : SRS、TrueBass、Focusの3つの技術を融合した設定
・Defintion : 広域の音を補正する

TRANSEND M860は、項目が多く、「SRS WOW」と「SRS WOW HD」に対応し、SRSの各パラメータを変更する時は、「SRSカスタム」の扱いになるようです。ややっこしいので、説明は省略します。

では、これを使うと、どのくらい音が変わるのか?
音を出すわけにも行かないので、「ピンクノイズ」を出したときの RTA(スペアナ)のグラフで確認してみることにします。

本来なら、倍音成分などのチェックも必要になるので、いくつかの限定した周波数でテストすべきなのでしょうが、面倒なので、とりあえず!ということで、「ピンクノイズ」でのテストだけでご容赦ください。

ピンクノイズだけでも、傾向はわかると思います。


iriver E100で、ピンクノイズを再生。
グラフィックイコライザーも、SRS WOW HD も使わない、「ノーマル」の設定。

●SWS WOW HD 効果最小の設定


これが、SRS WOW HDの効果を最小にした状態。
音源として、上と同じ「ピンクノイズ」を再生しているのですが、こんな感じになります。
ヘッドフォン用なのか、小型スピーカーも想定しているのか、よくわかりませんが、意識的に50Hz以下を落としているようです。
(倍音成分を使って、体感的に、低音の減少幅を感じないようにしている?)

iriver E100では、SRS WOW HDを入れると、明らかに音が小さくなります。
(そのため、アンプのRCA端子につなぐときには、ヘッドフォンアンプなどで、音を増幅させる必要が出てくる)
おそらく、SRS WOW HDの効果が最大になったときでも、音が割れないようにするために、意図的に平均音量を下げているものと思われます。

iriver E30 では、ノーマル状態でも、SRS WOW HDを入れた状態でも、平均音量は変わりません。 こっちの方が親切です。

ここから、値を変化させていきます。

●SRS : サウンドの立体感  1→10


SRSの値を、最小の「1」から、最大の「10」に変えてみました。
モノラル音声の「ピンクノイズ」では、数値的には、ぜんぜん変わりませんね。

●TruBass : 低音強調の値  1→10


TruBassの値を、最小の「1」から、最大の「10」に変えてみました。
低音域が、大きく盛り上がってますね。

コンプレッサー処理が入っているのか、倍音成分を加えているのか、そのあたりは判断できませんが、単なる「イコライジング」(単純に音を大きくするだけ)とは、違うはずです。

単なるイコライジングとは、音の迫力とか、聞きやすさとかが、違いますから...


●Focus : サウンドの鮮明度 1→10



Focusの値を、最小の「1」から、最大の「10」に変えてみました。
Trubassの対象部分(低音域)を除いた、200Hz以上が、盛り上がってますね。


●WOW : SRS、TrueBass、Focusの3つの技術を融合した設定 0→7


この設定だけは、最小が「0」、最大が「7」になってます。
なぜ、そうなってるのかは、わかりません。
これって、SRS、TrueBass、Focusを同時に設定したのと同じ?
かと思えば、そうじゃない。 よくわからない。


●Defintion : 広域の音を補正する 1→10


Definitionの値を、最小の「1」から、最大の「10」に変えてみました。

800Hzあたりから、上の周波数が増幅されてます。
単なるイコライジングの他に、倍音成分がどれだけ混じっているのかは、わかりません。


●すべての設定値を最大にすると・・・ 全部1→全部10




WOWを除く、すべての数値を、最小の「1」から、最大の「10」に、してみました。

なんとも、微妙なカーブだ!
はっきり言えることは、ここまでくると「自然な音」とは違う。

WOWのあたりを変えると、「谷」の部分が変化しているようですね。

高音域のグラフが「-40dB」のところにありますので、高音域は、SRS WOW HDを使わない時の音量と同じということになります。


《  SRS WOW HD と「エンハンサー」との違いは?  》


 どうも、SRS WOW HD の TruBass、Definition の効果と、PA用途で使う「エンハンサー」の効果は似ているような気がします。

別のページで、エンハンサーSX3000(ベリンガー)の実験をやっているので、比べてみると面白いと思います。




前のページ§CDP-13:〔CD〕PD-T04S (PIONEER)
このページ§CDP-14:〔MP3〕E100/E30 (iriver)~ SRS WOW HDを使う
次のページ§CDP-15:〔MP3〕MP860(Transend)~内蔵スピーカーの音質は?
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->