趣味のオーディオ実験室

〔§測定〕
手軽に買える測定器(テスター・温度計など)
メニューページ(開始)
DT830B
 (メーカー不明)
小型デジタルテスター
テスターの誤差を
 チェックしてみる
MAS830L
 (mastech)
小型デジタルテスター
DSO-201
 (minidso)
小型デジタル・オシロスコープ
superEX
 高精度湿度計
 (エンペックス)
EX-2717,2821
GM550(ZOTEK)
~赤外線放射温度計
LX-1010B(FUYI)
UA1010BS(UNIGAO)
   照度計
MS2108A
 (mastech)
デジタル・クランプテスター
UT210E
 (UNI-T)
デジタル・クランプテスター
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§測定〕
手軽に買える測定器(テスター・温度計など)
メニューページ(開始)
DT830B
 (メーカー不明)
小型デジタルテスター
テスターの誤差を
 チェックしてみる
MAS830L
 (mastech)
小型デジタルテスター
DSO-201
 (minidso)
小型デジタル・オシロスコープ
superEX
 高精度湿度計
 (エンペックス)
EX-2717,2821
GM550(ZOTEK)
~赤外線放射温度計
LX-1010B(FUYI)
UA1010BS(UNIGAO)
   照度計
MS2108A
 (mastech)
デジタル・クランプテスター
UT210E
 (UNI-T)
デジタル・クランプテスター
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
-
手軽に買える測定器(テスター・温度計など) 作成日:2014/04/13、最終改訂日:2017/10/19

§測定-41:MS2108A(MASTECK)クランプメーター

交流/直流対応の「クランプメーター」です。

電流を計るときには、回路を切断して、回路の中にテスターを組み込む必要があるのですが、そうすると、テスターに大電流を流さなければならない。(特に、起動時の電流がやばい)

でも、クランプ式のテスター(電流計)なら、回路を切断しなくてもよいので、安心です。

これが3千円台で買える! 感覚的には「安い」
本当に必要なのか? と聞かれれば、必要とは言えない。
でも、こういうものは、「必要では無くても買う!!」


〔Amazon〕MASTECH オートレンジ デジタル クランプメーター 交流/直流対応 MS2108A 英語説明書PDF

マニュアルは中国語のみ。
マニュアルが無くても、初歩的なことは分かるけど、すべての機能を使い込もうとすると、難しいような気がする。

ネット上に、非公式の 英語マニュアル(pdf) が載ってました。


・DC電流:40A/400A(±2.0%)
・AC電流:40A/400A(±2.0%)
・DC電圧:〜1000V(±0.7〜0.8%)
・AC電圧:〜750V(±0.8〜1%)
・抵抗
・静電容量
・周波数:10Hz〜10KHz±1.5%
・周波数:10Hz〜1KHz±1.5%(電流クランプから)
・デューティ比:0.1%〜99%±3.0%

・表示値ホールド機能
・平均値検波測定機能(AC AおよびAC Vレンジ)
・オートゼロ機能
・最大値測定機能
・最小値測定機能

400Aを超える大電流を計測する用途には、(MS2108など)別の機種にすべきでしょうけど、
「太い電線は使わない」=「そもそも、そんな大電流は扱わない」人にとっては、直流電流も交流電流も計測できる、この MS2108Aが良さそうです。


電池は、単4の乾電池が3本。

9Vの四角い電池(006P)よりも安いので、電源を入れっぱなしにして、電池が無くなっても、たいして痛くは無い。

電流の最大値・最小値が計測できるので、10分とか20分とか、「電源を入れっぱなしにして置く」という使い方も出来そう。

「オートパワーオフ機能」がついているので、無用な電池の消耗を防ぐというメリットがある反面、1時間とか2時間とか、長時間、電源を入れっぱなしにして、最大値・最小値を計測するという使い方が制約されるデメリットもある。

■ 交流電流を測定してみる

電圧値や抵抗値は、普通のテスターと同じように、リード線を使って計測します。

電流は、クランプを使って計測します。
クランプ方式は、回路を切断しなくてもよいのと、起動時の大電流の心配をしなくてもいいメリットがあります。


まずは、古い保温器(100V、90W)の電流(交流電流)を計ってみましょう。

100vコンセントから、延長コードにつなぎます。

延長コードの2本線のうち、片方を切断して、テスターを組み込みます(交流電流が測定できる EXCEL DT9205A)。
もう片方の線を、MS2108A のクランプに挟みます。

そして、延長コードに、ワットチェッカー(TAP-TST5/SANWA SUPPLY)を取り付け、電流モードにします。

本来なら、すべて同じ値になるハズなのですが・・・・・


MS2108A(クランプ式)は、0.84A、
TAP-TST5 は、0.88A
DT8205A は、0.93A
になりました。

MS2108A では、電線の位置を動かしても、数値はほとんど変化しませんでした。
どこでもいいので、電線をクランプで挟んでおけば、良いのだろうと思います。

40Aまで計れるレンジなので、1A以下の小さな電流は、少なめの値が表示されるようです。


クランプ式は、クランプの中を通過する電流を測定する(電流→磁界→電流)ので、電線を2回通せば、電流の値が2倍になる。 コイルのようにぐるぐる巻けば、電流の値はどんどん増える・・・・はずである。 やってみましょう!

電線を流れる電流を0.9Aだとしたら・・・・・だいたい、あってますね。
いい加減な巻き付け方をしていますが、意外と(かなり)正確な気がします。
電線を真っ直ぐに通しても、クランプの回りに巻いても、数値はほとんど変わってないです。


クランプに挟んだ電線で、周波数を計ってみましょう。


一番最初、0Hzの表示になるので、「もしかして、壊れてる?」とかで、少し焦りましたが、
電流値が少ないと、周波数がカウントされずに、「0Hz」になるようです。

クランプ方式の「電流測定モード」で周波数を計るときは、おおむね、5A以上の電流が必要なようです。
(コードを使った「電圧測定モード」であれば、いつでも正常な周波数が、表示されます。)



今度は、保温器を2台に増やしてみましょう。


MS2108A(クランプ式)は、1.74A、
TAP-TST5 は、1.76A
DT8205A は、1.86A
になりました。


■ 直流電流を測定してみる

今度は、直流電流の測定です。

どうやって、「それ相応の直流電流」を流すか??
正しい値がでるのかどうかは、怪しいですが、とりあえず、これが簡単です。


クルマのバッテリー(中古)に、DC−ACインバーターで交流100V(60Hzの矩形波)を作る。
そして、交流100V(60Hzの矩形波)に、保温器をつなぐ。


とりあえず、交流100V側(DC−ACインバータの2次側)は、こんな感じ。
(右下のDC12.14Vは、バッテリー電圧)

そして、テスター類を、DC−ACインバータの一次側につなぎ替える。


とりあえず、DC−ACインバーターの電源OFFの状態。

バッテリーの電圧は、12.74V(無負荷電圧)
4年使った、中古バッテリーだけど、充電直後なので、いたって元気である。

------------------------↓2017.10.19追加
無負荷(電流値がゼロ)の時でも、クランプメーターの数値は「0.000A」にならないようです。
クランクメーターを置く場所によって、数値が変わります。
測定前に「REL」ボタンを押して、表示を「0.000A」にしておく必要がるようです。
------------------------↑2017.10.19追加




DC−ACインバーターのスイッチを入れる。
保温器が、だんだんと暖かくなってくる。

そして、どんどん、バッテリーの電圧が下がってくる。
カウントダウンしているような感じ。

回路を切断して入れている DT9205A の数値が、DC7.66A
クランプ式の MS2108A の数値が 0.774A
どっちが正しいのか、わからないけど、だいたい、似たような数字になってる。



試しに、黄色の「SEL」ボタンを押してみる。
というか、「SEL」ボタンを押すと、「直流電流」モードと「交流電流」モードに切り替わる。
ちなみに、交流電流モードにすると、表示が「AC1.08A」になった。
どうでもいい数字です。

最初は交流電流になるので、直流電流を計る時には「SEL」ボタンを必要がある。
直流電流を計りたいときに、電源を入れたあと、「SEL」ボタンを押し忘れると、交流電流の数値(実際には、どうでもいい数字)になるので、「なんか変だな」ということになる。

こまめに電源を落とすのはいいとして、もう一度電源投入の時は、交流電流モードになってるので、「SEL」ボタンを忘れずに! みたいな感じ。

《  やっぱり、クランプ式は安心できる  》


 テスターで、電流を計るのは、非常に勇気がいる。
DT9205A は、20Aまでの電流を測定できることになっているのだが・・・・
本当に、20Aも、電流を流せるのだろうか?

どう考えても、「やばそう」である。

その点、クランプ式は安心ですね。



前のページ§測定-37:LX-1010B,UA1010BS~照度計
このページ§測定-41:MS2108A(mastech)~デジタル・クランプ・テスター
次のページ§測定-42:UT210E(UNI-T)~デジタル・クランプ・テスター
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->