趣味のオーディオ実験室

〔§UPS〕
UPS
(無停電電源装置)
メニューページ(開始)
デジカメの電池を
 分解してみた
 激安NP-FW50互換電池
電源モジュール
 昇圧/降圧モジュール
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§UPS〕
UPS
(無停電電源装置)
メニューページ(開始)
デジカメの電池を
 分解してみた
 激安NP-FW50互換電池
電源モジュール
 昇圧/降圧モジュール
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
UPS(無停電電源装置) 作成日:2014/09/02、最終改訂日:2014/09/02

§UPS-80: デジカメの電池を分解してみた(激安NP-FW50互換電池)

デジカメ、「ソニーα」シリーズの互換電池(中国製の激安品)が、使えなくなった(充電出来なくなった)ので、捨てる前に、分解してみました。

Eマウント(旧NEXなど)のミラーレスや、α55,α33 などに使われている、NP-FW50(小さい方)の互換電池です。


1台は、3年くらいで、使えなくなりましたけど、もう1台は3年経っても現役。


3.7Vのセルが2つ、貼り合わせてあります。
そして、基板。


こちらは、裏側。
黒い外枠に、ふわふわの両面テープで、固定されていました。



重さは、38グラム。軽い。

SONYの純正品の電池容量が、1020mAh なのにたいし、こちらは 1600mAh
1.5倍以上の容量がありながら、めちゃくちゃ軽い!

如何にも、怪しい!
もう一個も、使えなくなる前に、捨てた方が、いいのかな。


■純正品(正規の NP-FW50)の重さを測ってみましょう。


純正品(α55に付属)は、7.2V、1020mAh。



重さは、57グラム。


■こちらは、ロワの互換品


7.4V、1200mAh
中国製のセルを使ってる製品。
3つ持っていますが、3つとも現役。


重さは、46グラム。 純正よりも軽いです。



《  出所不明の、怪しい「リチウムイオン」電池  》


カメラの電池は、純正品に拘るべきか?
それとも、安価な互換品でも、大丈夫なのか?

いろんな考え方があると思います。


おそらく「リチウムイオン電池」で、いちばん危いのは、
安価な、中国製の激安カーナビ(タブレットタイプ)のような気がします。

どんな「安価」な電池が使われているか、さっぱり、わかりませんし、
オマケに夏は、炎天下の高温になりますから。

いろんなところで、使われるようになったであろう、中国製のリチウムイオン電池。 いかにも、ヤバそうな気がします。

それに比べれば、デジカメの互換電池は、少しはマシのような気がします。



前のページ§UPS == ( メニューページに戻る )
このページ§UPS-80:デジカメの電池(NP-FW50互換)を分解してみた
次のページ§UPS-82:電源モジュール(昇圧/降圧)
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->