趣味のオーディオ実験室

〔§SCAN〕
イメージ・スキャナ
(フラットベッド
  ・スキャナ)
メニューページ(開始)
GT-F670
 (EPSON)
GT-S630,GT-S600
 (EPSON)
GT-F670を
 分解掃除
GT-F670の
 読み取り誤差を
  調べてみる
GT-9300UF
 (EPSON)
GT-9300UF
 を分解する
被写界深度の比較
 GT-F670,GT-S630 GT-9300UF
ENVY4504(HP)の
 スキャナ機能を使う
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§SCAN〕
イメージ・スキャナ
(フラットベッド
  ・スキャナ)
メニューページ(開始)
GT-F670
 (EPSON)
GT-S630,GT-S600
 (EPSON)
GT-F670を
 分解掃除
GT-F670の
 読み取り誤差を
  調べてみる
GT-9300UF
 (EPSON)
GT-9300UF
 を分解する
被写界深度の比較
 GT-F670,GT-S630 GT-9300UF
ENVY4504(HP)の
 スキャナ機能を使う
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
イメージ・スキャナ(フラットベッド・スキャナ) 作成日:2015/05/30、最終改訂日:2015/05/16

§SCAN-31:カラリオ GT-F670(EPSON)

エプソンのフラットベッドスキャナ。
公式ページでは、「卓上型カラーイメージスキャナ」と書いてあります。

エプソンのスキャナは、従来からCCDタイプだったのですが、新型 GT-S650では、CISタイプに変わってしまいました。

CCDタイプが無くなる前に、旧型の GT-S640をゲットしよう!
でも、GT-S640の新品は値段が高い。しかも、一時期よりも値上がりしている。
中古品も、安いとは言えない。

「CCDタイプなら、もっと古い型でもいいのかな?」
旧型の GT-F670 の中古品を、「2台」購入しました。


写真は、GT-F670の中古品
本体と、USBケーブルと、電源アダプターのみ。

EPSON GT-F670 の仕様(EPSON>製品情報)

■ 機種名: GT-F670 (卓上型カラーイメージスキャナ)
■ センサ: α-Hyper CCD II オンチップマイクロレンズ付12ラインカラーCCD
■ 最大有効領域 216×297mm(8.5×11.7インチ)
■ 解像度: 主走査:4800dpi/副走査:9600dpi
■ 読み取り解像度: 50~6400dpi(1dpi刻み)、9600dpi、12800dpi
■ 光 源: 白色冷陰極蛍光ランプ


フィルムスキャンもできるようになってるため、蓋が分厚くなってます。

どうせフィルムスキャンは使わないので、フィルムスキャンなしのタイプでも良かったのですが、たまたま「フィルムスキャンが出来る GT-F670 が中古で出ていた」ので、これにしました。


本体の部品は、他の機種と共通化されているようです。

「GT-Sxxx」は、フィルムスキャン機能のないタイプ
「GT-Fxxx」は、フィルムスキャン機能のあるタイプ。
「GT-Sxxx」と「GT-Fxxx」は、蓋の部分の形状が違いますが、本体の外枠の部品は、共通部品になっているようです。



蓋は横開きになります。
蓋は、この位置で、固定されます。


蓋を、180度開くことも出来ます。



蓋の部分に、フィルムスキャン用のホルダーを格納されるようになっています。

中古購入した時点で、フィルムスキャン用のホルダーは付いていなかったので、どうでもよいのですが。。。


《  光源はLEDの方がいいの?  》

この機種(GT-F670)の光源は、「白色冷陰極蛍光ランプ」になっています。 細い蛍光灯みたいな感じ。

この次の機種からは、光源が「白色LED」に変更されているはずです。
・・・ということで、この機種が最後の「白色冷陰極蛍光ランプ」のスキャナ。

光源は、どっちが良いのでしょうか?
LEDの光源だと、ウォーニングアップの時間が不要なので、「一番最初の読み取り」に関しては、LEDの光源の方が有利ですが、「発色」とか「安定度」とかは、どうなんでしょう?

両方買って、比べてみれば?・・・・と言う話もありますね。

前のページ§SCAN == ( メニューページに戻る )
このページ§SCAN-31:GT-F670(EPSON)
次のページ§SCAN-32:GT-S630,GT-S600(EPSON)
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->