趣味のオーディオ実験室

〔§SCAN〕
イメージ・スキャナ
(フラットベッド
  ・スキャナ)
メニューページ(開始)
GT-F670
 (EPSON)
GT-S630,GT-S600
 (EPSON)
GT-F670を
 分解掃除
GT-F670の
 読み取り誤差を
  調べてみる
GT-9300UF
 (EPSON)
GT-9300UF
 を分解する
被写界深度の比較
 GT-F670,GT-S630 GT-9300UF
ENVY4504(HP)の
 スキャナ機能を使う
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§SCAN〕
イメージ・スキャナ
(フラットベッド
  ・スキャナ)
メニューページ(開始)
GT-F670
 (EPSON)
GT-S630,GT-S600
 (EPSON)
GT-F670を
 分解掃除
GT-F670の
 読み取り誤差を
  調べてみる
GT-9300UF
 (EPSON)
GT-9300UF
 を分解する
被写界深度の比較
 GT-F670,GT-S630 GT-9300UF
ENVY4504(HP)の
 スキャナ機能を使う
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
イメージ・スキャナ(フラットベッド・スキャナ) 作成日:2015/06/12、最終改訂日:2015/06/12

§SCAN-39:ENVY4504(ヒューレット・パッカード)のスキャナ機能

HP(ヒューレット)のインクジェット複合機、ENVY4504 です。

借り物なので、プリンターは使わず、「スキャナが使えること」だけを確認しました。
このプリンターは、「フラットベッドスキャナよりも、安く買える!」ところが、興味深いところ。


【Amazon】HP ENVY4504 A4 インクジェット複合機 ( ワイヤレス 印刷 / 自動両面 )

HPのプリンタ(インクジェット複合機)は、印字ヘッドが本体に付いているタイプ(印字ヘッド交換不可)と、インク+印字ヘッドを一体化したタイプ(印字ヘッド交換可)の両方のタイプが存在するようです。

ENVYシリーズは、後者。
つまり、インク+印字ヘッドの「インクカートリッジ」を取り付けるタイプです。



【プリント機能】
  印刷方式 : オンデマンド型サーマル・インクジェット
  インクシステム : 4色(黒・カラー3色一体型)
  インク種類・ノズル : 黒:顔料系 336ノズル、カラー:染料系 1248ノズル
  給排紙方式 : 前面給排紙
  プリント解像度 : 最高4,800×1,200dpi
  プリント速度 : ISOモノクロ:約8.8枚/分、カラー:約5.2枚/分
【スキャン機能】
  センサー : CIS
  解像度 : 光学解像度1,200x1,200dpi
  階調 : 最大24bit
  原稿サイズ : 最大 A4/レター
  その他機能 : スキャン to PC
【コピー機能】
  コピー速度 : モノクロ: 標準 約6枚/分、カラー: 標準 約4枚/分
 拡大・縮小(任意倍率) : 25%~400%
 連続コピー枚数 : 50枚
 読取り原稿サイズ : 最大 A4/レター
 印刷用紙サイズ : A4、L判、2L判、はがき
 その他機能 : 両面コピー(A4のみ)、濃度調整



高さに余裕はあるけれど、縦・横は、ほぼピッタリ!
・・・・という箱で送られてきました。


箱から出すと、こんな感じ。



インクカートリッジ(カラー・黒)を装着できるようになってます。

このプリンター(ENVYシリーズ)の特徴として、カラーインクだけ、もしくはモノクロインクだけでも、印刷できるようになってます。

両方のインクを取り外した状態では、印刷することできないのですが(当然!)、スキャナ機能だけなら、使えるのでは無いか?

本来ならば、この時点でインクカートリッジを装着するのですが、(借り物なので)ここでは、インクカートリッジを取り付けずに、先に進みます。



インクカートリッジを入れずに、電源を入れると、当然の如く
  「カートリッジを挿入してください。」
というメッセージが出てきます。

この状態で、スキャナ用のデバイスドライバーをインストールすると、どうなるか??

プリンタ(印刷するときの)のドライバ、スキャナ用のドライバ、共にインストール出来ました。

■ スキャナで読み取る方法は、3つ(以上)ある!

一番簡単な方法は、Windows から「HPプリンタアシスタント」の「スキャナ」を選んで読み込む方法。
読み込んだファイルを「マイ・ドキュメント」に出力させておけば、よさそうです。


「HPプリンタアシスタント」のアプリを起動させて、「スキャナ」を選択。


スキャンサイズ/カラー・モノクロ/解像度/ファイルの種類などを選択して、「スキャン」をクリックすればOK。


次は、原稿を部分的に読み取って、加工する方法。

プリント系のアプリ(ここでは PaintGrahic2 を使用)中から読み込む方法があります。
TWAINを使う方法と、使わない方法、どちらでも、読み込めます。(操作画面が違う)


ペイント系のアプリの「TWAIN設定」で、「HP Envy 4500 Series TWAIN 1.0」を選択します。
そして、「TWAIN読み込み」をクリックすると、こんな画面が出てきます。


「読み込みたい原稿の種類」を選択するか、「サイズ/カラー・モノクロ/解像度/アイテム(色補正?)」を選択して、「スキャナ」をクリック。


取り込みたい原稿の画面が出てきたら、取り込む範囲を指定して「完了」をクリックすればOK。
解像度が低いときには、原稿が、そのままアプリに取り込まれます。
解像度が高いときには、取り込むサイズを(高解像度で)再読込して、アプリに取り込まれるようです。
(詳しく調べてないので、違ってるかも)



こんどは、「WIA-HP ENVY 4500 series (USB)」を選択した場合。


さきほどの、「TWAIN」 とは、別の画面が出てきます。
読み込みたい範囲を指定して、「スキャン」をすればOK。


ここで、気になった点が1つありました。


なぜか、「ENVY4504」のドライバと、手持ちのプリントアプリ(もしくは Windows7の設定)との相性が、よろしくないようで・・・・

狭い範囲をしているすると、スキャンした画像の「縦方向が間引きされる」という不具合が発生しました。 結果的に、スキャンした画像の下の方に黒帯が入る。

フルサイズに近い範囲であれば、正常に読み込めます。

原因はなんなのか?
何が悪いのか、わからない。
面倒なので、「手持ちのパソコンが壊れている」と言うことにしておきます。
「悪いのは、手持ちのパソコンであり、ENVY4504本体やドライバは正常動作」ということにしておきます。

借り物なので、深入りしない・・・・と!


《  複合機は、スキャナ専用機として使えるか?  》

インクジェットプリンタを使った複合機が普及してきました。

その結果、単体のフラットベッドスキャナは、あまり見かけなくなりました。

 普段の印刷は、「カラーのレーザープリンタ-」を使っている場合、インクジェットの複合機なんて要らない。
でも、フラットベッドスキャナは、使いたい!

単体のフラットベッドスキャナよりも、インクジェット複合機の方が、値段が安い!

「インクジェット複合機」にインクを取り付けずに、スキャナ機能だけを使うことが出来れば、それが一番「安あがり!」
・・・・というわけで、試してみたのですが。。。。

ENVY4504は、「スキャナ専用」としては、使いづらいかもしれません。
ENVY4504のスキャナ機能は、「原稿をコピーするため(コピー機として使うため)のスキャナ機能」だと思ってた方が良いのかもしれません。

前のページ§SCAN-38:被写界深度の比較 GT-F670,S630,9300UF
このページ§SCAN-39:ENVY4504(HP)のスキャナ機能を使う
次のページ§SCAN == ( メニューページに戻る )
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->