趣味のオーディオ実験室

〔§DC5V〕
USBの5V電源と
  USBケーブル
メニューページ(開始)
良い充電ケーブル と、
  悪い充電ケーブル
ケーブルの違いによる
  電流値の違い
Amazonで買った、
USB~microUSBケーブル
充電器の違いによる
  電流値の違い
COMON(カモン)の
USB~DCプラグ
 変換ケーブル
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§DC5V〕
USBの5V電源と
  USBケーブル
メニューページ(開始)
良い充電ケーブル と、
  悪い充電ケーブル
ケーブルの違いによる
  電流値の違い
Amazonで買った、
USB~microUSBケーブル
充電器の違いによる
  電流値の違い
COMON(カモン)の
USB~DCプラグ
 変換ケーブル
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
USBの5V電源とUSBケーブル 作成日:2016/01/15、最終改訂日:2016/01/15

§DC5V-04:充電器の違いによる 電流値の違い

タブレットを充電する際や、タブレットに電力を供給する際、「充電用ケーブル」の優劣(線の太さ、線の長さ)によって、流れる電流が変わる(ケーブルの抵抗値が変わるため)・・・・というのが、前回の実験。

では、充電器を変えると、タブレットに充電する時の電流は変わるのでしょうか?

つまり、「充電時間を短縮できる」充電器とか、「充電に時間が掛かる充電器」とか、そういう違いは、あるのでしょうか?

複雑なことは分かりませんが、とりあえず、試してみたいと思います。

■ 実験方法

n


この回路で、「充電器」を交換してみます。
固定抵抗に、2A以上の電流を流したとき、どうなるでしょうか?
つぎに、タブレットに繋いで、充電してみます。

3種類の充電器で、同じ事をやって、「充電器による違い」を調べてみます。


■ ELECOM の「超急速充電器」


「超 急速充電!」とか書いてある。

「超急速!」ということは、「たくさんの電流を流す」ということ。
タブレットの添付の充電器よりも、「たくさんの電流を流す」ことは可能なのか?

「たくさんの電流を流したい」のであれば、「電圧を高くする」必要がある。
普通に考えれば、USB(5V)の許容範囲である、4.4V~5.25Vの上限いっぱいである、5.25Vギリギリの電圧を与え続ければ、それが「最大の電流」になるはず。

でも、そんなことしてるのだろうか? たぶん、やってない!


なんだか、さっぱりわからない。
「急速充電」と「超急速充電」の違いって、なんだろう?

パソコン(本体)のUSB端子の電源供給は、0.5Aが限界だから、
パソコン本体のUSB端子にタブレットを繋いで充電した時を「普通充電」として、
「急速/超急速」だというであれば、話はわかる。

でも、それって・・・・・


細かいことは気にしない。
1ポート当たり、最大2A出力してくれれば、それでいい。
それだけでいいのだ!

電源ケーブルがないので、持ち運びの際に便利である。


まずは、無負荷


タブレット(ASUS ME102)を充電
充電直後は、0.38Aくらいで、しばらしてから、1.1Aを超えるので、電流はタブレット側で制御しているはず。



最大2Aで、「過電流保護機能」がついているはずなので、

2A以上の電流が流れると、電圧を落として、電流が2A以内に収まるように制御するのかと思いきや・・・・
「1ポート、最大2A」の制限が掛からずに、2.26A流れてます。


■ TRONSMART USB急速充電器


Amazonで購入したのですが、数ヶ月後には、「Tronsmart の充電器」自体の取り扱いが無くなってしまった。 絶版商品?
買わなきゃ良かった。


max1A と max2.4A の区別をしなくても、何処に刺しても大丈夫
・・・という「VoltIQ」 なる機能がついているみたいですが、よくわからない。

最大2.4Aで、5つのポートで合計8Aらしい。


まず、無負荷


タブレット(ASUS ME102)を充電
充電直後は、0.38Aくらいで、しばらしてから、1.1Aを超えるので、電流はタブレット側で制御しているはず。


抵抗負荷で、2A以上を流してみる。
問題ない!

■ RAVPOWER の「急速充電チャージャー」


Amazon で購入。
「USBケーブルと一緒に買うと、お安くなりますよ!」というのを見つけ
   「もう、買うしかないだろ!」
ということで購入。


1ポート最大2.4A、合計最大8A

興味深いことが書いてある。

 ・回路保護システムにより、過電圧、過電流、過熱またはショートを発生する際、
  チャージャーがシャットダウンし、システムとデバイスを保護します。

  →過電流、つまり2.4Aを超えると、電圧を下げて電流を2.4A以内に保つので    は無く、チャージャーが「シャットダウン」するってこと???
    シャットダウンしても、自動復帰するの??

 ・iSmart機能より充電ポートに接続されたデバイスを自動的に検知し、
  最適な電流をお送りします。4つのUSBポートのどちらに挿しても、
  デバイスに合わせて最大出力で急速充電を開始します。

  →どんな仕組みなのか、さっぱりわからないですね。
   デバイス(つまり充電する機器)が何かを検知して、1A以下の電流値を
   リミットにすることもある・・・・ってこと?


 細かいことは、気にしないことにする。


まずは、無負荷


タブレット(ASUS ME102)を充電
充電直後は、0.38Aくらいで、しばらしてから、1.1Aを超えるので、電流はタブレット側で制御しているはず。


抵抗負荷で、2A以上を流してみる。
問題ない!



《  結局は、どの充電器も同じ?  》

最近のタブレットなどは、ケース・バイ・ケースで、適切な充電電流を制御しているような気がする。

「専用の充電器」に電流の制御機能がついていて、本体に電流の制御機能の無いのタブレットとかがあれば、1Aのリミットとかが必要だけど、そもそも、そんなタブレット、あるのかな?

「VoltIQ」とか「iSTART」とか、よくわからない機能はどうでもいいけど、電圧降下を最低限に留めて、電流値が2.4Aくらいまで対応してくれれば、それでいいのかもしれない。

前のページ§DC5V-03:Amazonで買った、USB~microUSBケーブル
このページ§DC5V-04:AC充電器による電流値の違い
次のページ§DC5V-21:COMON(カモン)の変換ケーブル
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->