趣味のオーディオ実験室

〔§DC5V〕
USBの5V電源と
  USBケーブル
メニューページ(開始)
良い充電ケーブル と、
  悪い充電ケーブル
ケーブルの違いによる
  電流値の違い
Amazonで買った、
USB~microUSBケーブル
充電器の違いによる
  電流値の違い
COMON(カモン)の
USB~DCプラグ
 変換ケーブル
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§DC5V〕
USBの5V電源と
  USBケーブル
メニューページ(開始)
良い充電ケーブル と、
  悪い充電ケーブル
ケーブルの違いによる
  電流値の違い
Amazonで買った、
USB~microUSBケーブル
充電器の違いによる
  電流値の違い
COMON(カモン)の
USB~DCプラグ
 変換ケーブル
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
USBの5V電源とUSBケーブル 作成日:2016/01/15、最終改訂日:2016/01/15

§DC5V-03:Amazonで買った、USB~microUSBケーブル

タブレットやスマホを充電する時のケーブル。

充電ケーブルの善し悪し(線の太さ、線の長さ)によって、ケーブルの抵抗値が変わってくるので、(同じ負荷を繋いでも)ケーブルに流れる電流が変わってくる。

では、「タブレットやスマホへの充電用」として売られている、3~6本セットのUSBケーブルの実力は、どの程度でしょうか?
1本あたり200円~400円程度になるので、100円均一のケーブルよりも高い。
高いだけの価値がるのか? 試してみましょう。
通常は、1本あたり200円~400円程度で売られているようですが、セットで買うと1本200円以下になったり、場合によっては、5本499円とか「100円均一のケーブルよりも安い」時があるので、見逃せないところです。




5本セットで売られている、USB~microUSBの「データ転送+充電ケーブル」の流れる電流は、どれくらいになるでしょうか?


比較対象として、タブレット(ASUS ME102)添付のケーブル。
これに近い電流が流れれば、OKとします。

■ Volitz のケーブル(5本セット)



1mが3本、2mが1本、3mが1本。
他のケーブルと見分けが付くので良いですね。




長さが1mでも、3mでも、流れる電流のに大差ない。
良いケーブルですね。

■ RAVPOWER のケーブル(5本セット)



0.3mが1本、0.9mが2本、1.8mが2本、3mが1本。


色が黒なので、他の(粗悪な)ケーブルと見分けが付きにくいのですが、
「RAVPOWER」の刻印があるので、区別できます。





長さが0.3mでも、3mでも、流れる電流のに大差ない。
良いケーブルですね。


■ ENACFIRE の USBケーブル

こちらは、「ENACFIRE GROBAL」という会社のUSBケーブル




光沢のない、「つや消し」の黒いケーブルが6本。


長さは、0.3m×1本、1m×3本、2m×1本、3m×1本。


■ ANYPRO(エニープロ) の USBケーブル

こちらは、「Anypro Grobal 」 という会社のUSBケーブル



光沢のない、「つや消し」の黒いケーブルが5本。


長さは、0.3m×1本、1m×2本、3m×2本。



《  思い切って、買っておく  》

充電ケーブルは、100円のケーブルでも、「間に合うといえば間に合う」
でも、そんなに劣化するものでもないので、思い切って買ってしまうのも良いと思います。

3000円くらいあれば、10本くらい買えます。
100円のケーブルを10本買うと1000円。これでも使えます。

この差の、2000円が「贅沢」ってことになるのかな。


前のページ§DC5V-02:ケーブルの違いによる電流値の違い
このページ§DC5V-03:Amazonで買った、USB~microUSBケーブル
次のページ§DC5V-04:AC充電器による電流値の違い
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->