趣味のオーディオ実験室

〔§U585〕
CDレシーバー
 U585BT(kenwood)
メニューページ(開始)
U585BT 買いました
DPSの ON と OFF
イコライザー編
Bass Boost・
 Loudness編
Sound Enhancement編
Speaker Setting編
Cross Over編
DTA Setting編(1)
DTA Setting編(2)
Car Type編
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§U585〕
CDレシーバー
 U585BT(kenwood)
メニューページ(開始)
U585BT 買いました
DPSの ON と OFF
イコライザー編
Bass Boost・
 Loudness編
Sound Enhancement編
Speaker Setting編
Cross Over編
DTA Setting編(1)
DTA Setting編(2)
Car Type編
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
CDレシーバー U585BT(kenwood) 作成日:2013/06/27、最終改訂日:2013/06/29

§U585-19:U585BT(KENWOOD) 〜Car Type編


カーステレオ(?)用の1DINコンポ、ケンウッド U585BT です。

公式ページを見ると、 「MP3/WMA/AAC/WAV対応 CD/USB/SD/BTレシーバー U585BT」と書いてあります。

今回は「Car Type」の設定です。

マニュアルには、
車種を選択することで簡単にタイムアライメントを設定し、スピーカー間の距離差を補正します
と書いてあります。

「タイムアライメント」というか「スピーカー間の距離の補正」であれば、直接「DTA Settings」でスピーカーからの距離を入力してやればいいと思うのですが・・・・。

「Car Type」で操作しているのが、「スピーカー間の距離の補正」だけなのか、密かに(!?)他の音場補正も行っているのかは・・・・わかりません。


車種にこだわらず、一通り全部試してみて(聞こえてくる音は変化する)、気に入った設定で音楽を聴くのが良さそうです。






初期設定値(ディフォルト)は、OFFです。









「Car Type」と、「DTA Settings」の関係ですが・・・・・

「DTA Settings」の設定前(または Reset DTA Setting の後)に、「Car Type」を設定すると、
指定された「Car Type」の各スピーカーからの距離と音の大きさの値が、「DTA Settings」に書き込まれる。
必要なら、その後で、「DTA Setting」で微調整してください。 ということのようです。

一旦「DTA Setting」の値を調整してから、再度「Car Type」を変化させても、「何も変わらない」ような気がします。

−*−

追記:
「Car Type」の違いを確認するために、「フロントLch」だけのDEQ2496で周波数特性のグラフを取ってみたのですが、変化がないので、掲載は省略します。
L+Rチャンネルの周波数特性は、まったく意味がなさそうですし・・・。


《  聞いてみて、綺麗に聞こえれば、それでよい!  》


 クルマのスピーカーの音は、ガラスなどの反響もありますし、フラットな周波数特性とは言えません。

 高音域は、直線性があるので、ドアスピーカーから出てくる高音域の聞こえ方は、左右で大きく違ったりします。

左スピーカーからの音は、距離は遠いけど、スピーカーに対して、ある程度正面に近い。
右スピーカーからの音は、距離が近いけど、スピーカーに対して、真横に近い。
たぶん、左スピーカーからの高音域の方が大きく聞こえるんじゃないかと思います。

難しいことを考えずに、8つの設定があって、音が変化するのであれば、8つを試してみて、「自分が一番綺麗に聞こえる」と感じた設定にしておくのが、一番いいように思います。



前のページ§U585-18:DTA Setting編(2)
このページ§U585-19:Car Type編
次のページ§U585 == ( メニューページに戻る )
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->