趣味のオーディオ実験室

〔§U585〕
CDレシーバー
 U585BT(kenwood)
メニューページ(開始)
U585BT 買いました
DPSの ON と OFF
イコライザー編
Bass Boost・
 Loudness編
Sound Enhancement編
Speaker Setting編
Cross Over編
DTA Setting編(1)
DTA Setting編(2)
Car Type編
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§U585〕
CDレシーバー
 U585BT(kenwood)
メニューページ(開始)
U585BT 買いました
DPSの ON と OFF
イコライザー編
Bass Boost・
 Loudness編
Sound Enhancement編
Speaker Setting編
Cross Over編
DTA Setting編(1)
DTA Setting編(2)
Car Type編
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
CDレシーバー U585BT(kenwood) 作成日:2013/06/20、最終改訂日:2013/06/26

§U585-10:U585BT(KENWOOD)
CD/USB/SD/BTレシーバー

カーステレオ(?)用の1DINコンポ U585BT です。

ケンウッドは、「カーエレクトロニクス > 1DINコンポ」という名称になっているようです。

公式ページを見ると、
 「MP3/WMA/AAC/WAV対応 CD/USB/SD/BTレシーバー U585BT」
と書いてあります。

今でも、「レシーバー」という言葉が生きているようですね。
「レシーバー」は、「ラジオのチューナーとアンプが一緒になったもの」という意味で良いはずなので、
クルマのラジオに、CDとかSDカードリーダーとかをつけた製品 という扱いになるのでしょうか。

「レシーバー」ということばには、無線機のトリオ(ケンウッド)のこだわりがあるのかも。。。



カロッエリア(パイオニア)で同種のものは、「カーAV > AVメインユニット」
アルパインで同種のモノは「カーオーディオ > ヘッドユニット」
という名称になっているようです。

昔のカセットテープ+ラジオという形態から、CD+ラジオ、さらに、CD−R(MPEG)対応、
AUX入力端子がついたり、USB端子がついたり、スマートフォンに対応したり・・・・
そして Bluetooth対応で、携帯電話のハンズフリー通話ができたり・・・

いろいろ、便利になってます。

「FMトランスミッター」なるものを使わずとも、AUX入力端子から入力できるのは当たり前。
USB接続で、MP3プレーヤーや、ポータブルハードディスクのMP3ファイルを演奏できる。
パソコンからは、Bluetooth で音楽転送。

出来ることは、一通り、試してみる必要がありそうですね。



 ■最大出力: 50W×4
 ■定格出力: 30W×4(4Ω、1kHz、10%THD以下)
 ■プリアウトレベル: 2500mV/10kΩ(CD)
 ■共通部 電源電圧: 14.4V(10.5〜16V)
 ■最大消費電流: 10A
 ■埋込寸法: 178W×50H×159Dmm
 ■質量: 1.3kg



裏側はこんな感じ。



パネルを外すと、こんな感じ。
SDカードの挿入口は、真ん中の下の方です。

−*−

さて、このCDレシーバー、いったい、どんな音が出るのでしょうか?


パソコン用の電源(昔のAT電源)から電源を取り、PA用の15インチ(38cm)SRスピーカー、クラシックプロの CSP15 をつないで音を出してみることにします。
(下の写真の右側、大きい方のスピーカー)

さすが、15インチ! 迫力が違う。 かなり大きな音が出ます。



パソコン用(昔のAT電源)の「スイッチング電源」、電圧は10.87V。
「電圧が高い方が、低音が出る」とか言っている人も多いようですが、かなり低い電圧で、15インチ(38cm)のスピーカーを鳴らします。

普通のカーオーディオ用のスピーカーは、CSP6(6インチ、16cm)くらいの大きさ。
対して、今回は、それよりも2.5倍(面積比なら6倍)大きな、CSP15(15インチ、38cm)で、音を聞いてみます。

単純に、大きなスピーカーで聴く方が、音の違いがわかりやすいだろう・・・・という発想です。

−*−

ネットの口コミを見ると、低音があまり出ない、金属的な中高音とか、ドンシャリ的な薄っぺらな音とか書いてありますが、果たしてどうでしょうか?

CSP15は、効率のよいPA用スピーカーなので、ボリュームをあげていけば、かなり大きな音がでます。
さすがに、ボリュームを最大にすると音が割れますが、7割くらいのボリュームまでなら、音が割れずに聞けそうです。 (ただし、一般家庭で音楽を聴くレベルじゃないです)


大きなスピーカーで聴いたときの音は????
という話になるのですが、音を鳴らしてみると、なかなかの迫力です。

ただし、U585BTについているアンプ(というかCDレシーバー)は、フラットなアンプなのでしょうけど、
フラットな音がそのまま出ているわけじゃない。

電源投入時(普段、使うとき)には、DSPによる「音の補正」が掛かっているようです。

このDSPの「音の補正」が、スピーカーによっては、金属っぽく聞こえたり、「薄っぺらいドンシャリサウンド」に聞こえたりするのだろうという気がします。


−*−

ホワイトノイズを出して、DEQ2496でチェックしてみたのが、下のグラフです。




詳しくは、次のページ。

《  アンプの値段 と 音の違い  》


 ピュアオーディオの世界では、
   「アンプの値段によって、音が変わる」
   「アンプの重さによって、音が変わる」
   「アンプの電源によって、音が変わる」
というの説があります。

逆に、「ある程度の品質のアンプなら、音は変わらない」という説もあります。

カーオーディオの世界では、どうでしょうか?


少なくとも、U585BT においては、初期状態において、「DSPによる補正」が掛かっていますから、「フラットな特性の、ごくごく普通のアンプ」を使ったときとは、明らかに違った音が出るはずです。

もし、DSPによる補正を掛けると「音が細くなる」傾向があるとしたら、「カーオーディオもフラットなアンプで」という需要があってもいいような気がします。



前のページ§U585 == ( メニューページに戻る )
このページ§U585-10:U585BT 買いました
次のページ§U585-11:DPSの ON と OFF
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->