趣味のオーディオ実験室

〔§FX〕
小型のDAC
・アンプなど
(NFJ/FX-AUDIO関連)
メニューページ(開始)
FX-01J TYPE-A
(USB DAC)
FX-D802
(DAC+アンプ)
FX1002J+
(デジタルアンプ)
FX98E
(デジタルアンプ)
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§FX〕
小型のDAC
・アンプなど
(NFJ/FX-AUDIO関連)
メニューページ(開始)
FX-01J TYPE-A
(USB DAC)
FX-D802
(DAC+アンプ)
FX1002J+
(デジタルアンプ)
FX98E
(デジタルアンプ)
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
-
小型のDAC・アンプなど(NFJ/FX-AUDIO関連) 作成日:2018/04/05、最終改訂日:2018/04/05

§FX-31:FX1002J+ (NFJ/FX-AUDIO-) デジタルアンプ

NFJのデジタルアンプ、FX1002J+ です。
FX1002J の改良型が、FX1002J+ になるようです。

並行輸入品で FX1002無印とか、FX1002A とかが、存在するようなので、要注意。




〔Yahoo!ショッピング〕FX-AUDIO- FX1002J+[ブラック]TDA7498E搭載デジタルパワーアンプ

FX1002J+ のスペックは

●最大出力: 160W+160W / 対応スピーカー:4Ω~16Ω
●出力端子: 2chステレオスピーカー出力 (バナナプラグ対応金メッキスピーカーターミナル)
●入力端子: ステレオRCA端子
●デジタルアンプ IC: STMicroelectronics社製 TDA7498E
●機能: 遅延ミューティングリレー
   /スピーカー保護回路
   /SLOW CHARGING回路による突入電流防止機能
   /ゲイン設定(23.6/29.6/33.1/35.6dB)裏面DIPスイッチ
●電源: DC19~32V 電源容量2A以上(4A以上推奨)
   ※電源コネクター: DCジャック 外径5.5mm×内径2.5mm(センタープラス仕様)
●サイズ: 高さ33mm×幅96mm×奥行き168mm(突起部を除く)
●本体重量: 530g

TDA7498 のデータシートをみると、160W になるのは、4Ωで Vcc=36Vの時のようです。

8Ωのスピーカーを繋いだ時の最大出力は非公開。たぶん 70Wくらいかな。








入力は、RCA。 出力はバナナプラグ。
ケーブルを直に止めることもできるけど、コネクタ同士の間隔が狭いので、バナナプラグを使った方がよいですね。



ゲインは4種類に設定可能。
ディフォルトは全部OFF で、23.6dB。

最大のゲインにするときは、35..6dB のスイッチをONにする。


分解すると、こんな感じ。
電源を平滑するため(?)の大きなコンデンサーは、35V、8200μF。


ある日、ネコポスで、電源ユニットの交換部品が送られてきました。
自分で交換して下さい・・・とのこと。


左が新しい(後から送られてきた)モジュール。右が前から付いてたモジュール。

新しいのは、ダイオードD23 と、チップ抵抗の R62,R64 が省略されてます。
交換しなくても、問題ないらしいけど、交換しておくことにする。

このモジュールは、「アクティブDCサーボ回路」...ってことでいいのかな。




電源ユニットを外したのが、こちらの写真。











《  単  》


 ス


前のページ§FX-21:FX-D802(DAC+アンプ)
このページ§FX-31:FX1002J+(デジタルアンプ)
次のページ§FX-32:FX98E(デジタルアンプ)
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->