趣味のオーディオ実験室

〔§線〕
オーディオ関連のケーブルなど
メニューページ(開始)
激安マイクケーブル
(ClassicPro)
RCA端子からの
  変換
スピーカーケーブル
  各種
HD400
(BEHRINGER)
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§線〕
オーディオ関連のケーブルなど
メニューページ(開始)
激安マイクケーブル
(ClassicPro)
RCA端子からの
  変換
スピーカーケーブル
  各種
HD400
(BEHRINGER)
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
オーディオ関連のケーブルなど 作成日:2012/10/08、最終改訂日:2016/07/19

§線-21:HD400 microHD(ベリンガー) ハム・デストロイヤー

HD400(BEHRINGER/ベリンガー)は、ミキサーとパワーアンプの間に接続し、ACハムノイズの除去に効果を発揮する、電源不要の軽い「箱」

2チャンネル(ステレオ または、モノラル×2)の、ハム・デストロイヤー。
箱には、「Ultra-Compact 2-Channel Hum Destroyer」と書いてあります。


・・・電源も不要なのに、どうやってノイズを消去するんだろう??

そういう疑問がわいていくのですが、中身は「
アイソレーショントランス」というもののようです。(蓋を開けて確認していないので、未確認ですが)
日本語でいうと、「絶縁トランス」・・・・でいいのかな。





■2チャンネルハムデストロイヤー
■入出力:TRSフォン
■寸法、重量:103.6W×57.2D×3.2mm、180g

〜メーカーサイトの解説より〜
■AC ハムおよびノイズを素早く、容易に、そして確実に除去します。最大限の音質を保持したままグラウンドループを安全に抑制、さらにこの HD400 は、アンバランス型の信号を一切の信号ロスなしに自動的にバランス型へと変換します。
■2基の6.3mmTRS 入出力を装備、2モノもしくは 1 ステレオでの操作が可能となります。

なんか、さっぱりわからん!!!







実は、これを購入したのは、
 「AC電源(100Vのコンセント)からのノイズ(「ぶ〜ん」という音)を消したかった」
わけでもなく
 「アンバランス と バランス の変換をしたかった」
わけでもない。

やりたかったのは
  入力側(input)と、出力側(output)で、信号を分離したかった。
  GND(アース)を含めて、入力側と出力側を、電気的に、完全に切り離したかった
・・・・というのが理由です。

ACハムノイズの除去???
なんじゃそりゃ! そんなもん消えるんか???

ACハムノイズをする原理は、GND(グラウンド)のリフト???
グラウンドのループをなくすことで、ノイズを除去する?
なんじゃそりゃ! 

中身は「絶縁トランス」。
なるほど、それなら、GNDだけじゃなく、信号が完全に分離されるわ!!!

ACハムノイズなんて、全然、問題になってない。
だけど、入出力の分離するトランスなら、欲しい!!!

それ買う! 欲しい!!!  購入ボタンを「ポチッ!!」っとな。


−−*−−

ところで・・・・・

中身を分解していないけど、中身が「絶縁トランス」だとしたら、イメージ的にはこんな感じになるはず。

トランスの他に、抵抗器とか、コンデンサとかが、入ってるかもしれないけど、トランス(おそらく変圧比率 1:1.2 の変圧器)の原理から考えて、「たぶん、こんな感じだろう」と、勝手に解釈してたりする。

違ってても一切責任は持ちません。


トランスの鉄心は、「電磁石」の役割を果たす。

鉄心にコイル(一次側のコイル)を巻いて、直流電流を流すと、磁界が生じる(いわゆる電磁石)。
交流電流を流すと、その都度、鉄心の磁界(N極とS極)が変化する。

鉄心に別のコイル(二次側のコイル)を巻き付けておく。
鉄心の磁界が、変化すると、それに応じて、コイルには起電力が生ずる。
原理は、交流の発電機と同じ。

鉄心からの「漏れ磁界」とかあるので、ロスはあるけれど、音楽信号(倍音成分の多い交流電流)を流せば、二時側に伝わる。

一次側と二次側は、電気的に絶縁されている。
従って、一次側のGND(グラウンド)にノイズが乗ったとしても、二次側には伝わりにくい。

こんな感じだろうか。

■ 中身を確認してみました

ネジを外すと、簡単に中身を確認できます。





予想通り、トランスが2つ。

そんなわけで、このHD400には、高度な「ノイズ・リダクションシステム」とか、そんなものは、入っていない。 消えないノイズは消えない。

「ハム・デストロイヤー」という名称が適切か?というと微妙ですが、GNDが絶縁されているのはよいですね。
「何もない時よりも、音が悪くなる」かどうかは、わかりませんが、「持っていても悪くないアイテム」かもしれない。

《  信号を、電気的に分離する  》


 オーディオ系の電気信号(特に、RCAなどのアンバランス)では、GNDが共通になってます。

アンバランスの機器と、バランスの機器、
パソコンの電源や、USBの5Vから昇圧した回路なども、どんどんつないでいくと、GNDの扱いが、非常にややっこしくなってくる。

なんとも、気持ちが悪い。
こんな時は、パソコンとオーディオ系を、分離するのが一番。

一番いいのは、SPDIF(光/オプティカル)接続だろうか。
赤いLEDの光を介しての信号の受け渡しなので、電気的には分離されている。

じゃぁ、アナログで入出力の信号を分離するには??? というと...「絶縁トランス」。

変なモノを間に入れると、原理的には、確実に「音が劣化する」だろうけど、入出力の信号を分離するときの安心感というのは、あるはず。



前のページ§線-13:スピーカーケーブル各種
このページ§線-21:HD400 (BEHRINGER)
次のページ§線 == ( メニューページに戻る )
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->