趣味のオーディオ実験室

〔§ぶる〕
Bluetooth
 オーディオ
メニューページ(開始)
Punker(QTOP)
~スピーカー 10W+10W
TT-SK12
(Tao Troniics)
~スピーカー 8W+8W
BT1000
(KRATOR/恵安)
~レシーバー(受信機)
BT-C1(AUKEY)
~トランスミッター
(送信機)
EP-B26(AUKEY)
~ヘッドフォン
BTBR017
(BESTEK)
~レシーバー(受信機)
メニューページに戻る
トップページに戻る
↑このページの先頭へ
↑このページの先頭へ
〔§ぶる〕
Bluetooth
 オーディオ
メニューページ(開始)
Punker(QTOP)
~スピーカー 10W+10W
TT-SK12
(Tao Troniics)
~スピーカー 8W+8W
BT1000
(KRATOR/恵安)
~レシーバー(受信機)
BT-C1(AUKEY)
~トランスミッター
(送信機)
EP-B26(AUKEY)
~ヘッドフォン
BTBR017
(BESTEK)
~レシーバー(受信機)
メニューページに戻る
トップページに戻る
-
Bluetoothオーディオ 作成日:2017/03/23、最終改訂日:2017/03/23

§ぶる-12:TT-SK12(Tao Tronics) Bluetoothスピーカー

Tao Tronics の、8W +8W (およびパッシブラジエータ)の Bluetooth スピーカーです。

一言で8W+8Wと言っても、スピーカーは「効率」によって、音の大きさが変わるので、一概に音の大きさを、ワット数で単純比較することはできません。

実際には、3W+3Wクラスの、大きめなCDラジカセくらいの音の大きさのような気がします。。
通常の使用であれば、音量的には「これで十分」なような気がします。

音質的には、全域でうまくバランスが取れた感じ。
音に荒っぽさはなく、自然な感じで音楽を聴くことができると思います。
ただ、中高域は「若干、籠もった音」がするようにも感じます。

あくまで、個人的な感想ですが。。。。


【Amazon】TaoTronics Bluetooth スピーカー 16W スピーカー 24時間連続再生 音声ガイド マイク内蔵 リネン と レザーカバー TT-SK12 (TaoTronics)

8W+8W を、16Wと表現するのは、違和感がありますが・・・・
「3W+3Wの製品よりは、ゆとりをもって大きな音量を出すことが出来る」
という感じ。


・TaoTronics ロックBluetooth スピーカー(型番: TT-SK12)
・マイクロUSBケーブル
・3.5mm オーディオケーブル
・取扱説明書 (日本語を含む)


「正面側」は、左右にスピーカー、真ん中にパッシブ・ラジエータ(受動的なサブ・ウーハー)
・・・が、あるらしい。(中身は見えないので推測)

ボタンは、音量の大/小と、曲の戻し/送りが、別々のボタンになってるので、使いやすい。



下側は、ゴム足になってます。



斜め横からみると、こんな感じ。
裏側は、なにもなし。

出力のわりに、筐体が大きいことや、パッシブ・ラジエータが小型であるこから、筐体の振動は少な目です。



側面には、microUSB端子を使った蓄電(5V/1A)と、外部入力(ステレオ・ミニプラグ)。

「TaoTronics Rock」、「Mode:TT-SK12」と書いてあります。


●周波数特性を測ってみましょう。



Windows10のタブレットで、ピンクノイズを再生して、Bluetooth で飛ばします。
スピーカーで、ピンクノイズを再生させて

まず、左側のスピーカーの音を、測定用マイク(ECM8000)で広い、DEQ2496のディスプレイに表示します。


5kHz付近、10kHz付近に、落ち込みはありますが、「全域でフラット」な感じです。
スピーカーの特性が優秀なのか、イコライザーで補正しているのかは、不明です。

低音域は、160Hz以下は、なだらかに落ちてます。


「小さなパッシブ・ラジエータ」があるであろう、スピーカーの真ん中にマイクを置いてみます。


比較的フラットなのは、125Hz~2.5kHz(2500Hz)あたり。

63Hzとか80Hzとかの低音域は、あまり出てないですね。

パッシブラジエータが小さいからなのか、期待しているような「パッシブ・ラジエータによる低音域の増強」は、ありません。



最後に、マイクを離してみます。


2kHz付近に谷が出来てます。

理由はわかりませんが、もしかしたら、スピーカーの音と、パッシブ・ラジエータの音が、逆位相で打ち消し合っているのかもしれません。


《  バランスが取れた音・・・だけど  》

無理に低音域を増強させているわけでもなく、最大限にパッシブ・ラジエータを活用しているわけでもない。
それでいて、筐体も大きめ。

無理をしない分、「安定した音質」だとも言えるし、「個性的な音ではない」とも言えそうです。

10W+10Wが欲しかったけど、値段の差を考えて8W+8Wで、この機種で妥協する・・・・・というのであれば、辞めた方がいいです。

音量に余裕がもちたい、それでいて「それなりに自然な音」を求めるのなら、この機種を買ってもいいのかな・・・・という気がします。


前のページ§ぶる-11:Punker (QTOP)~Bluetoothスピーカー 10W+10W
このページ§ぶる-12:TT-SK12 (Tao Troniics)~Bluetoothスピーカー 8W+8W
次のページ§ぶる-13:BT1000 (KRATOR/恵安)~Bluetoothレシーバー
 メニューに戻るトップページに戻るこのページの先頭へ管理人へのメール
 みらくるダンス.comみらくる・らぼよろよろ!社交ダンス。管理人へのメール
"; -->